1537views
静岡県限定!同窓会開催に向いている日とは?
【1】お盆やお正月・GWの開催は???
実際に幹事さんに聞いてみると…
お盆・お正月・GWなど、「帰省や連休に合わせて開催をしたい」という方が圧倒的に多いです。特に卒業何十周年の記念イベントとして開催する場合や卒業はじめての開催の場合は、幹事さんの思い入れも強いので上記を選ぶ傾向があります。

しかし、先に結論を申し上げますが、
実はお盆やお正月・GWは、同窓会の平均参加率が普通の土日より低いのです。

その理由は、
・すでに家族関連の用事がある
(相手のご両親へ子供の顔を見せに行く or 法事 or 旅行など)
・仕事がある
(特にお盆休みは、最近は会社によって時期をズラしていることも多い)
・そもそも帰省したくない
(特に乗り物が混んでいる&交通費が高い時期は帰省したくない)
というアンケート結果が出ています。

【ここ重要!】

沖縄・九州・東北・北海道の同窓会は、都会から遠いので、それこそお盆やお正月・GWにしか帰れません。だからそのタイミングで開催するのですが、静岡県の事情は少し違います。
静岡県の場合、卒業生の約60%は地元にいます。25%は東京・名古屋・大阪にいます。その他15%は、他県在住・海外在住・住所不明・ご逝去などです。
静岡県は地理的に各大都市のほぼ中心にあるので、むしろ用事が入る可能性が低い「何てことのないフツーの土日」が最適なのです。

特別な日でない限り「何てことのないフツーの土日に4ヶ月前から予定が入っている人はほぼいない」というわけです。


【2】以下の点も注意が必要
静岡県で、一番人数が集まるのは、「土曜日や連休の中日」です。
また、普通の日曜日のお昼から開催でも参加率がけっこう良かったりします。(日曜の方が土曜より、仕事が休みの人は多いようです。)

*注意
土曜開催で仕事終わりの人に合わせて、遅い時間(19時以降〜)に開催しようとする方もいますが、遅い時間だと家庭に戻らなくてはならない人や先生方が参加しづらくなりますので、反対に全体の参加率は下がります。仕事終わり参加の方へは二次会以降からの途中参加を促しましょう。

また、お日柄もけっこう重要で、お日柄の良い大安や友引は結婚式とバッティングして来れない人が居たり、会場が押さえづらかったりしますので、同窓会はお日柄の悪い日を狙うのもポイントの一つです。

シーズンですが、これはあまり関係ありません。
暑い時期でも寒い時期でも、行きたい人にとっては、同窓会はけっこう優先されるイベントですので、重要な別件が入っていない限りは、「暑いから行かない、寒いから行かない」等はないでしょう。
例外:)30代の同窓会は運動会シーズンを外しましょう。

☆まとめ☆

◆静岡県の同窓会は、お盆やお正月・連休は外した方が良い!
(特にお盆や正月三が日、GWは避けましょう!)
◆土曜開催もいいけど、日曜の早い時間からの開催もオススメ!
◆土曜開催は、19時以降のあまり遅い時間からのスタートはやめましょう!
◆お日柄の良い日は、あえて外しましょう!会場が押えやすくなります。
◆シーズンは、そんなに気にしなくてOK!